フリー

クリス・アンダーソンの「フリー」を読んだ。 フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略 作者: クリス・アンダーソン,小林弘人,高橋則明 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2009/11/21 メディア: ハードカバー 購入: 133人 クリック: 3,796回 この商品を含む…

GA JAPAN 150

GA JAPAN 150 「総括と展望」を読んだ。 GA JAPAN 150 出版社/メーカー: エーディーエー・エディタ・トーキョー 発売日: 2017/12/27 メディア: ? この商品を含むブログを見る 一番気になったのは西沢の「自分の物語」を持つ必要があるといった話。 自分の興…

コービー・ブライアント

ローランド・レイゼンビー(大西玲央訳)の「コービー・ブライアント失う勇気最高の男(ザ・マン)になるためさ!(英題SHOW BOAT)」を読んだ。 コービー・ブライアント 失う勇気 最高の男(ザ・マン)になるためさ! 作者: ローランド・レイゼンビー,大西玲央…

R帝国

中村文則の「R帝国」を読んだ。図書館にあった。 R帝国 作者: 中村文則 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2017/08/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 本の最後に「本書の内容は、実在する個人・団体とは一切関係ありません。」と…

応答漂うモダニズム

「応答漂うモダニズム」を読んだ。 応答 漂うモダニズム 作者: 槇文彦,伊東豊雄,五十嵐太郎,藤村龍至,黒石いずみ,中谷礼仁,辻琢磨,饗庭伸,小嶋一浩,塚本由晴,藤原徹平,塩崎太伸,堀越英嗣,松葉一清,内田祥士,横河健,糸長浩司,保坂陽一郎,真壁智治 出版社/メー…

死ぬほど読書

丹羽宇一郎の「死ぬほど読書」を読んだ(Kindleで)。 死ぬほど読書 (幻冬舎新書) 作者: 丹羽宇一郎 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/07/28 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る 伊藤忠の社長の読書論。 僕も学生のころから月4冊読むこ…

西加奈子の「i」を読んだ。 i(アイ) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2016/11/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (7件) を見る みんなが大変なときに、自分はぼんやりしててもいいのか、といったことがテーマだったように読めた…

ビニール傘

岸政彦の「ビニール傘」を読んだ。図書館で借りて読んだ。 ビニール傘 作者: 岸政彦 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/01/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 何人か登場人物が出てくるんだけど、どこからどこまでがどの人の話か分…

教団X

中村文則の「教団X」を読んだ。図書館で借りて読んだ。 教団X 作者: 中村文則 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/12/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (23件) を見る アマゾンのレビューは星一つが多くてひどいもんだけど、僕はこれは面白いん…

マチネの終わりに

平野啓一郎の「マチネの終わりに」を読んだ(図書館で借りた)。 舞台が半分海外だったり、天才音楽家だったり、設定が嫌味な感じになりそうだけど、そこまでやなかんじはしなかった。 久々恋愛小説みたいなのを読んだんだけど、ここまですれ違うかーと思う…

エリアリノベーション

馬場正尊+OpenAの「エリアリノベーション」を読んだ。 エリアリノベーション:変化の構造とローカライズ 作者: 馬場正尊,Open A,嶋田洋平,倉石智典,明石卓巳,豊田雅子,小山隆輝,加藤寛之 出版社/メーカー: 学芸出版社 発売日: 2016/05/21 メディア: 単行本(…

生物から見た世界

ユクスキュルの「生物から見た世界」を呼んだ。 生物から見た世界 (岩波文庫) 作者: ユクスキュル,クリサート,Jakob von Uexk¨ull,日高敏隆,羽田節子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2005/06/16 メディア: 文庫 購入: 23人 クリック: 209回 この商品を含…

もがく建築家、理論を考える

東大編の「T_ADS TEXTS 02 もがく建築家、理論を考える」を読んだ。 T_ADS TEXTS 02 もがく建築家、理論を考える 作者: 東京大学建築学専攻 Advanced Design Studies 出版社/メーカー: 東京大学出版会 発売日: 2017/06/30 メディア: 新書 この商品を含むブロ…

建築の条件

坂牛卓の「建築の条件」を読んだ。 建築の条件 (「建築」なきあとの建築) 作者: 坂牛卓 出版社/メーカー: LIXIL出版 発売日: 2017/06/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 久々にこういった網羅的な建築論の本が読めて(しかも…

勉強の哲学

千葉雅也の「勉強の哲学」を読んだ。 勉強の哲学 来たるべきバカのために 作者: 千葉雅也 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/04/11 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (15件) を見る 建築の設計をやっていると、決めないといけな…

建築ディテール「基本のき」

真鍋恒博の「建築ディテール「基本のき」」を読んだ。 構法クイズで原理を学ぶ 建築ディテール「基本のき」 作者: 真鍋恒博 出版社/メーカー: 彰国社 発売日: 2016/02/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る クイズ形式でディテールの仕組みが分…

劇場

又吉の「劇場」を読んだ。 劇場 作者: 又吉直樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/05/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 火花は青春小説だったけど、劇場は恋愛小説という予備知識を持って(NHKの又吉のドキュメントなどをみて)…

中動態の世界

國分功一郎の「中動態の世界」を読んだ。 中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく) 作者: 國分功一郎 出版社/メーカー: 医学書院 発売日: 2017/03/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 國分さんの本は「暇と退屈の倫理…

日本人はなぜ無宗教なのか

僕自身カトリックで、これから自分を含めて家族の宗教をどうしようかなと思ったのでこれを図書館で借りて読んだ。 日本人はなぜ無宗教なのか (ちくま新書) 作者: 阿満利麿 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1996/10 メディア: 新書 購入: 8人 クリック: 17…

私の消滅

中村文則の「私の消滅」を読んだ(図書館で借りた)。 私の消滅 作者: 中村文則 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/06/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る 途中まで主人公だと思ってた人がだれがだれだか分からなくなるところが、…

土の中の子供

中村文則の「土の中の子供」を読んだ。図書館で借りた。 土の中の子供 (新潮文庫) 作者: 中村文則 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/12/21 メディア: 文庫 クリック: 21回 この商品を含むブログ (31件) を見る 読んだ後にこれが芥川賞だったことを知っ…

中村文則の「銃」を読んだ。 銃 (河出文庫) 作者: 中村文則 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2012/07/05 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 5回 この商品を含むブログ (9件) を見る 「銃」は中村文則のデビュー作。 複雑な環境に育ちつつも、表面的…

何もかも憂鬱な夜に

中村文則の「何もかも憂鬱な夜に」を読んだ。 何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫) 作者: 中村文則 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2012/02/17 メディア: 文庫 クリック: 43回 この商品を含むブログ (28件) を見る 今年はこの人の本ばかり読んでいる。 「どの…

ひらかれる建築

松村秀一の「ひらかれる建築」を読んだ。 ひらかれる建築: 「民主化」の作法 (ちくま新書 1214) 作者: 松村秀一 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/10/06 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 何か新しい視点があるかと思ったけど民主化…

舞台

今年(2016年)読んだ本の中では、西加奈子の「舞台」が一番面白かった。図書館で借りた。 舞台 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/01/10 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (11件) を見る 本の中で特になにが起こるってわけでもな…

GAJAPAN144

GAJAPAN144の総括と展望を読んだ。 GA JAPAN 144 出版社/メーカー: エーディーエー・エディタ・トーキョー 発売日: 2016/12/24 メディア: ? この商品を含むブログを見る GAJAPANを毎号買うのはやめてるんだけど、年末の総括と展望の号だけは毎年買って読んで…

なぜ、あなたの仕事は終わらないのか

たまに意識高い本を読みたくなるので、これを読んだ。 なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である 作者: 中島聡 出版社/メーカー: 文響社 発売日: 2016/06/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (2件) を見る こ…

コメントする力

なんかいろいろ便利ツールとか情報源とかがあって、限られた時間でどの辺をカバーしたらいいか難しいなと思ってきたのでこの本を読んでみた。 コメントする力 作者: 竹田圭吾 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2013/08/27 メディア: 単行本(ソフトカバー…

丹下健三

豊川斎嚇の「丹下健三 戦後日本の構想者」を読んだ。 丹下健三――戦後日本の構想者 (岩波新書) 作者: 豊川斎赫 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2016/04/21 メディア: 新書 この商品を含むブログ (5件) を見る 前半は丹下健三のことを時系列に、後半は丹下…

夜を乗り越える

又吉の「夜を乗り越える」を読んだ。 図書館で借りて読んだ。 夜を乗り越える(小学館よしもと新書) 作者: 又吉直樹 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/06/01 メディア: 新書 この商品を含むブログ (11件) を見る これを読んで近代の名作も現代文学も両方…