読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育休世代のジレンマ

 「育休世代のジレンマ」という本を読んだ。

「育休世代」のジレンマ 女性活用はなぜ失敗するのか? (光文社新書)

「育休世代」のジレンマ 女性活用はなぜ失敗するのか? (光文社新書)

 

 ブックオフに本を売りに行って、値段がつくまでの待ち時間に新書のコーナーでなんとなくみつけて買った本。

15人の子供がいる女性にインタビューをとったうえで丁寧にまとめられた本で、それぞれ子供ができて会社をやめたり、継続したり、転職したりといろいろ。インタビューなので統計よりも具体的で、僕が働き始めてからなんとなくもやっと感じていたことを的確にまとめられていると思った。

意外だったけど、よく考えてみれば当然かと思ったのが、ばりばり男並みに働こうとしている人ほど子供ができたらやめてしまっているということ。結局子供がいると男並みに働くのは無理で、ある程度仕事の量をうまく調整した人ほど(昇進コースを降りた人)続けられている。

男女平等にしようとするなら、(子供のいる)女性に男並みの働きを求めるのは無理なのだから、平等にするとすれば、女が(残業をしまくる)男並みになるのではなく、男の働く時間を減らして、定時に帰るのを普通なこととすれば、子供を迎えに行かないといけなくて、残業のできないお母さんは使えない、とかいった考えもなくなるだろうし、家事も育児も男と分担することができる。

今すぐは無理だろうけど、じわじわ僕らがおじさんになったころにはなんとかこういうのが定着しているかなと思った。それでは遅いのかもしれないけど。