読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからの建築理論

東大の「これからの建築理論」を読んだ。

これからの建築理論 (T_ADS TEXTS 01)

これからの建築理論 (T_ADS TEXTS 01)

 

 前半は槇文彦磯崎新原広司の対談とインタビュー。後半はライザー+ウメモト、ジェフリー・キプニス、シルヴィア・レイヴィン、ブレット・スティールといった人たちの対談とインタビュー。

前半の3人はとても有名なので知っていたけど、後半の人たちのことはぜんぜん知らなかった。知らなかったからか、話が難しいのか、僕が無知なのか、和訳がだめなのかよくわからないけど、とにかく後半のはなしはぜんぜん分からなくてぜんぜん頭に入らなかった。

建築理論のはなしだから全体を通して難しい感じなんだけど、原広司のインタビューのなかで、「あまり単純化しないで、やさしくしない方がいいんじゃないか」といわれていたのがなんだかいいなと思った。槇、磯崎の本は読んだことあるけど、原広司の本はそういや読んだことなかったなと思ったので読んでみようと思う(難しいんだろうなー)。