読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット的

糸井重里のインターネット的を読んだ(kindleで) 。

インターネット的 (PHP文庫)

インターネット的 (PHP文庫)

いろんなところにすごいすごいと書かれていたが、確かにこれが十数年前の本だというのはすごいなとおもった。
答え合わせをしながら読み進めるような感じ。
ただ、この本の中心にあるのは、インターネットでどうなるかより、「消費のクリエイティブ(消費者側の成熟)」でどうなるかにあるような気がする。

企業側の都合でつくられた必要かどうか謎の新商品(微妙にモデルチェンジした車とか)に振り回されずにちゃんと欲しいものを考えて取引ができること。そういったものをインターネットがつくることができるかもしれない。
これは「暇と退屈の倫理学」に書かれていたことと一緒だな思った。


最後とのところに、
“僕の理想的な臨終の言葉は「ああ面白かったー」です。”
と書いてあったが、これは、「ごめんね青春!」の元ネタなんじゃなかろうか。