読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家の顔(くうねるところにすむところ)

建築

片山和俊の家の顔を読んだ。

家の顔 (くうねるところにすむところ 子どもたちに伝えたい家の本)

家の顔 (くうねるところにすむところ 子どもたちに伝えたい家の本)

 

 子供向けに建築家が家について書いたシリーズ。

それぞれの建物の外観がそろっていたほうが街並みはきれいだと思うけど、全部の街がそれでは多様性が失われるかもしれないし、おもしろいものも出てこないかもしれないから、そろっている街とごちゃ混ぜの街が両方あるといった具合が、いいのかもなと思いながら読んだ。

どっちにしても今はどこもごちゃ混ぜだから、こういった取り組みでそろっている街をつくる(または保存する)ことが大事なんだろうな。

ほんとうは条例とかで縛らなくてもみんながそろえることを意識すれば、あるていどの多様性を確保しながら、いい街並みができるんだろうけど、多分それは無理だから、結局景観条例とかになってしまうんだろうな。

片山さんの金山町の取り組みはとてもよさそうなので、いつか行ってみたい。

うちの子にはまだはやいだろうからもう少し大きくなったらこの本あげようかな。