クラウドからAIへ

クラウドからAIへ」を読んだ(kindleで)。

 しばらく前に買っていて、積読になっていたがようやく読めた。電子書籍の場合積読というのが適しているのかわからないけど。

車の運転なんかはすぐに自動になるんだろうな。将棋もAIが強くなるだろうし。

今年はベイマックスやアラン・チューリングの映画を観たけど、人間がロボットやAIに感情移入することについても、僕はいいことなんじゃないかと思っている。車好きの人が車に愛車の手入れをしたりすることとそんなに変わらないことだと思う。

僕らの業界でもこれからAI的なものはどんどん入ってきて、単純なものはAIがやってくれるようになるんだろうな。コンピュータが人間の仕事を奪うという考えもあるみたいだけど、僕は楽観的に考えていて、やりたくないことはどんどんコンピュータにまかせて、やりたいところを人間がやればいいと思う。どっちにしてもこういうのは不可逆な流れなんだろうけど。