悪と仮面のルール

中村文則の「悪と仮面のルール」を読んだ。図書館で借りて読んだ。

悪と仮面のルール (講談社文庫)

悪と仮面のルール (講談社文庫)

 

 人生がすでに決まっている(仕組まれている)という設定が運命とか血筋に抗えるのかといったことに重なっているようだった。