私の消滅

中村文則の「私の消滅」を読んだ(図書館で借りた)。

私の消滅

私の消滅

 

 途中まで主人公だと思ってた人がだれがだれだか分からなくなるところが、それがそのまま私はもしかしたら別の人間かもしれないといったことと重なってなんかすごいなと思った。