新建築住宅特集 2018年1月号

久々住宅特集を買った。

新建築住宅特集2018年1月号/新年特大号<住宅の想像力>

新建築住宅特集2018年1月号/新年特大号<住宅の想像力>

 

妹島和世の巻頭論文、青木淳のプロジェクト、内藤廣の住宅論考が読みたくて買った。

青木淳の「両手ぶらり戦法」(相手方の希望をひたすら受け入れる)は僕も最近やっている。僕も自分で事務所をはじめたころはやりたいことがたくさんあって構成にこだわったり、ディテールをがんばったりしてたけど、最近は施主の要望をひたすら聞いたほうが謎なものができあがっておもしろいなと思っている。自分のボキャブラリーの外のものが出来上がるというか。

ただこういったやりかたは個人の施主の場合だけで、公共工事の時などは市民ワークショップでもやらない限り謎な要望は出てこないので、そういった仕事の時は自分でほとんど決めている。公共工事的なものが増えて個人の施主の仕事が減ってきたから、個人の施主の時くらいノーガードでもいいかなという感じになってきたのかもしれない。

住宅は結構難しいし、お金にもならないので、ここ一年くらいはやってなかったんだけど、内藤廣の住宅論考で「こんな難しい話はない。だから、試練の場、鍛錬の場として住宅の仕事は欠かせない」と書いてるので、つい最近いただいた案件は気が合うなと思ったら受けてみようかと思う。ただ、この雑誌に載ってる若手の人たちのように挑戦的なものは僕にはつくれないなあ…